デリケートゾーンの臭いは食事から改善できる!?

「デリケートゾーンの臭い」が気になった
という経験ってありませんか?

生理中の臭いや、おりものの臭いが気になってしまい、

「もしかして、他の人にこの臭い気づかれてるかも?」

と不安になった事はありませんか?

今回はそんな、女性ならではの悩み

「デリケートゾーンの臭い」について
書いていきたいと思います。

デリケートゾーンの臭いの原因は?

デリケートゾーンの臭いの原因は?

まずは原因を考えてみましょう。

<原因①ゴシゴシ洗っている・洗いすぎ>

あなたは入浴時に、「臭うから清潔にしなきゃ!」と思い、
体を洗う石鹸やボディーソープ等でデリケートゾーンを
ゴシゴシ洗っていませんか?

実は、この行為が逆効果なんです。

デリケートゾーンには「良い菌」がいるのを、
ご存知でしょうか?

デリケートゾーンを正常な状態を保つ、大事な菌がいます。

しかし、

「臭いが気になるから」という理由で洗ってしまっていては、
この「正常な状態を保つ菌」も殺菌してしまいます。

結果、デリケートゾーン自体の免疫力が低下し、
「臭いが発生してしまう原因」になるんです。

私の場合は臭いと共に「痒み」も出てましたので、
何かの病気かもと疑って病院に行きました。
すると、先生から

「お風呂に入る時、石鹸で洗っていない?」

と聞かれました。

実はそれが間違いで、先生は
「お湯で流すくらいでいいんだよ」と仰っていました。

なんでも、通常の石鹸で洗ってしまうと洗浄力が強いのと
アルカリ性のものが多いのでデリケートゾーンには
合わないのとのことでした。

どうしても気になる時は、
デリケートゾーン専用の石鹸を使用してみましょう。

<原因②ストレスや普段の生活習慣>

ストレスは、様々な体の不調を引き起こします。

それは、デリケートゾーンも同じです。

緊張やストレスが溜まると、
「アポクリン腺」によって臭いが発生します。

デリケートゾーンには、アポクリン腺が非常に多くあります。
なので、臭いもより発生しやすく、他の部分よりも
キツイ臭いになってしまうことがあります。

また、

普段の「運動不足・食生活」といった「生活習慣」も、
デリケートゾーンの臭いの原因になります。

運動不足や食生活等の「生活習慣」による「
ホルモンバランスの乱れ」が原因で、
臭いが発生してしまいます。

さらに脂っこい食事などの、「生活習慣病」の原因に
繋がりそうな事も臭いの原因になるんです。

■臭いの原因と対策方法は? ★改善が必要☆

デリケートゾーンの臭いの原因については、
病気の場合と食事の場合があります。

<臭いの原因が病気の場合>

病気が原因で臭いが発生する場合もあります。

その場合は、すぐ病院に行きましょう。
そして的確な治療を受けましょう。

→病気かも?あそこの臭い潜む危険性チェック(執筆中)

<普段の生活が原因の場合>
運動不足や食生活といった「生活習慣」が原因の場合は、
もう一度自分の生活習慣を見直してみましょう。

食事の改善、摂取する栄養素によって、

デリケートゾーンの臭いが悪化や、
逆に良くなったりする物があるんです。

<臭いが悪化する食べ物>
紹介しにくい食品は、どうしても腸に残りやすいです。
そのため臭いの原因に繋がります。

その他にも臭いの原因となる食品もあるので注意が必要です。

・動物性タンパク質、赤身肉

・食品添加物が含まれる食事
・アリシン

<摂取したほうが良い食べ物>
・ポリフェノールが多く含まれる物(赤ワイン・大豆等)
・ビタミンE(ナッツ類・ほうれん草等)
・βカロテンが含まれる物(ニンジン・パセリ等)
・食物繊維が含まれる物(海藻類・ごぼう等)

バランスの良い食事を心がけて、デリケートゾーンの臭いが気にならない生活を送りましょう。

ページ上部へ戻る