デリケートゾーンの正しい洗い方は意外と知られていない!?

デリケートゾーンの正しい洗い方

デリケートゾーンは、複雑にできていて
『正しい洗い方』を知っていないと
ちゃんとケアのしにくい部分です。

だからといって、

デリケートゾーンの洗うのが不十分だと、
「かゆみ」や「におい」の原因になります。

今回は、意外と知られていない
デリケートゾーンの洗い方について、
詳しく解説していきます。

そもそも、デリケートゾーンの洗い方を
知る機会というのは日常でほとんどありません。

同じ体の一部分なのですが、友達同士でも
恥ずかしい思いがあり、なかなか話題に
しにくいという方もいると思います。

正しい洗い方は知らない人が多いのは、
人に教わる機会もなかったのが原因の1つです。

(学校の授業で教わったかもしれませんが、
覚えている方はどれくらいいるのでしょうか?)

デリケートゾーンは女性にとって
大切な部分です。

しかし、実は適切なケアをしないまま、
なんとなく自己流でやってきたという方は
いるのではないでしょうか?

聞いてみると意外と多くいると思います。

■デリケートゾーンの洗い方が不十分だとどうなるの?

デリケートゾーンの洗い方が不十分だと、
いったいどうなると思いますか?

洗い方が不十分の場合は、雑菌が繁殖します。
さらに、嫌な臭いを放ったり、
かゆみの原因にもなります。

雑菌の例として、

・カンジタ菌
・大腸菌、
・ブドウ球菌

などが一般的に挙げられます。

デリケートゾーンの「臭い」や「かゆみ」に
悩んでいる女性は実は多いのですが、
洗い方を見直すだけで悩みがすっきり解消した!

という体験者の声を聞きます。

女性のデリケートゾーンは、
複雑に入り組んだ構造になっています。

そのため、おりものなどの分泌物がこびりついた
「恥垢(ちこう)」と呼ばれる垢、尿、
ときにはトイレットペーパーが
こびりついていたりと汚れやすい部位です。

更に、大陰唇には「アポクリン腺」という
汗腺も多く分布しています。

なので、ワキと同様に放っておくと
どうしても嫌な臭いが発生してしまいます。

「今まで何となく適当に済ませてきた」

という、そこのあなた!

ぜひ一度、手鏡などで
自分の局部をよーく見てみてください。

お風呂に入る前と、お風呂に入って
洗ったあとにもう一度。

どこにどれだけ汚れが溜まっていたのか、
十分に洗えているか

一目瞭然だと思います!

■デリケートゾーンの洗い方 ~優しく洗うことが基本~

当たり前と知っている人もいますが、
デリケートゾーンは皮膚が薄く
粘膜も多い部分です。

そのため、石けんやボディソープを
直接塗るのはNGです!

手や泡立てネットで泡立てたものを使い、
優しく洗いましょう。

洗顔と違う点として、細かい部分に
垢や汚れが非常にた溜まりやすく、
シャワーで流したり、泡を
乗せたりするだけでは汚れは落ちません。

指の腹を使って、ツメなどで傷つけないように
気を付けながらもしっかり洗います。

前から順に、女性外陰部 図
1.陰毛
2.陰核
3.性器部分
4.会陰部分

という順番で洗っていき、最後に
肛門の順に洗っていくといいですね。

陰毛は、根元の肌に指の腹をあて
マッサージするようにしっかり洗います。

最後に手で痛くない程度に軽く
毛の流れに逆らう様にひっぱり、
抜ける毛は抜いてしまいます。

陰毛の毛は他の体毛と同じく周期的に抜けます。

なので、抜けそうな毛を抜くことで
ショーツに抜け毛がついてしまうのを減らせます。

続いて陰核、性器部分、会陰部分、肛門の順に、
鏡でチェックして恥垢が溜まっていた部分を
重点的に、指の腹を使って洗います。

こすり過ぎると痛みの原因になるので
注意してください!

とくに汚れやすい部分として、

陰核の包皮に隠れている部分や、
大陰唇と小陰唇の間の溝は、
恥垢が溜まりやすいので
注意して洗いましょう。

最後にシャワーですすぎ、
恥垢などをしっかり洗い流します。

■デリケートゾーンを洗う ~オススメと注意点~

・しっかり洗ったけど、嫌な臭いが消えない
・ボディソープで洗うとかゆい

といった方には、

デリケートゾーン専用の石鹸を
使ってみるのもオススメの対処法です。

臭い対策に重点があるものや、
刺激が少ないものなど

様々なタイプの専用石鹸があるので、
一度試して自分に合うものを
見つけてみるのもいいと思います。

デリケートゾーン用石鹸の正しい選び方

しっかりと洗うことは大切です。

しかし、膣内まで指を入れて
ゴシゴシ洗う必要はありません。

膣内は常にpH4程度の弱酸性に保たれており、
雑菌の繁殖や病原体の侵入を防いでくれます。

これを「膣の自浄作用」といいます。

ですが、毎日キレイにしようと
石鹸で中まで洗ってしまうと、
この自浄作用の力が低下します。

必要な細菌ごと洗い流してしまいます。

その状態が続くと膣炎などを
誘発しかねないので注意が必要です。

さらに、

生理中は、通常よりも
デリケートな状態になっています。

なので、傷つけないようにいつも以上に
優しく丁寧に洗うように気を付けましょう!

■生理の終わりかけの場合

ビデやシャワーを使って膣内に残っている血液を
ぬるま湯で簡単に洗い流しても大丈夫ですが、
基本的に指を入れたりして膣内の奥まで
洗う必要はございません。

関連記事

ページ上部へ戻る